ある日突然「あれ?いつのまにかこんなところにシミが・・・」とがっかりした経験はありませんか?残念なことに、年齢を重ねていくごとにシミってだんだん増えてくるものなのです。

私が学生の頃、色が黒いのが流行り、日焼けサロンで焼いたり、海に行っては日焼けをしていました。そんな生活を重ねていたからでしょうか、30歳を過ぎてきたころから顔、体にシミが気になるようになりました。

 

私同様、女性の場合、どなたでもシミは気になりますよね。特に顔のシミとなると尚更気になります。今までにシミ予防などしてこなかった私は、急に慌ててしまい、シミについて少し調べてみることにしました。

 

シミの種類・治療・予防法

まずシミにはいくつか種類があります。

形、シミのできる場所、治療の方法などもそれぞれに異なります。

代表的なものとしては、以下があります。

老人性色素斑

老人性色素斑は皮膚の「老化現象」の一つと言われていて、主な原因は「紫外線」だと言われています。

そばかすや、ほくろのような小さなものがたくさんできることもありますが、直径数cmの大きなものができたりもします。

早い人で30代から出てきます。(私はまさにこれかもしれません!)

長期にわたり日光を浴びて、ダメージを受けてきたことが原因です。

【治療・予防】

効果的なのはレーザーまたは光治療です。

また、若いうちに紫外線対策をすることが一番の予防法となります。

トラネキサム酸の内服も効果的。ハイドロキノンや、レチノイン酸配合の外用薬などもおすすめです。

肝斑

肝斑は頬や額、顎や鼻の下などにできる左右対称性、また濃淡均一にできるシミ。

ほほ骨、または目じりの下に左右対称にできているものは肝斑の可能性が高いです。(残念ながら私はこれにもあてはまっているようです!)

30歳位~40歳位の女性によく見られ、妊娠やピルの服用によって出現し、年齢を重ねて閉経すると自然に薄くなっていきます。

主にホルモン分泌が関係していますが、紫外線の多い季節には濃く、冬には薄くなるため、紫外線も大きく影響しています。

【治療・予防】

レーザー治療では消えない。

主に内服薬治療となる。

トラネキサム酸の内服に加え、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、レチノイン酸とハイドロキノン併用の外用薬などが処方される場合がある。

ストレスでホルモンが崩れたりもするので、ストレスは肝斑の大敵!!

ストレスって恐ろしいですね・・・。

もちろん紫外線も影響しているので紫外線対策は念入りに。

雀卵斑(ソバカス)

雀卵斑(ソバカス)は色白の方に多く、小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったようにできます。キャンディキャンディのあれですね。

原因は主に遺伝的なもので、若いころから出るのが一般的です。

が、やはりこちらも紫外線にも影響されるとのこと。

紫外線を浴びすぎると増えたり、色が濃くなったりします。

形は不規則で、色は淡褐色ものが多いです。

【治療】

レーザーが有効です。

またビタミンC誘導体、レチノイン酸、ハイドロキノンなどの外用薬を使用することも効果的。

ソバカスがある方も紫外線対策が欠かせません。

④太田母斑

皮膚の深いところにあるシミで、蒙古斑のような「あざ」の一種です。

生まれてすぐではなく、生後1年以内に現れたり、思春期頃にシミが大きくなってくる場合があります。通常、顔面の片側に出現します。

目の下、額、頬、鼻などにできます。

症状が軽いと診断が難しく、シミやクマ、そばかすなどと間違われることもあります。

美白化粧品やフォトフェイシャルをやってもあまり効果が見られないという場合は太田母斑の可能もあるそうです。

【治療】

レーザー照射が効果的。

予防する方法は確立されていません。

⑤脂漏性角化症

皮膚が少し盛り上がった状態のシミで、「良性の腫瘍。」

30代~以降に表れる、皮膚の老化現象の一つです。

大きさは数ミリ~3センチメートル位。

美白化粧品では効果がないです。

【治療】

炭酸ガスレーザーがおすすめです。

予防するにはやはり紫外線対策をしっかりすること、またスキンケアも大切。

いくつかシミの種類と治療、予防に関して記載しましたが、私が今とても気になっているシミは①老人性色素斑と②肝斑だったようです。

治療はしたいですが、病院にいくのはまだ少し早い気がするから、自分で何とかできないでしょうか。

両方の治療・予防に「トラネキサム酸」の内服というものが入っていますね。

うーん。うっすら聞いたことがあるような気がする…。

というわけで、次は「トラネキサム酸」入りの化粧品について調べてみました。

「トラネキサム酸」配合の化粧品について

トラネキサム酸は元々、医療現場で止血剤として使われていましたが、そんなトラネキサム酸に美白効果があると気づいたのが資生堂です。資生堂はトラネキサム酸を美白有効成分として開発しました。

だから「トラネキサム酸配合の化粧品=資生堂

のイメージを持っている人が多いのですって。なるほど~。

この「トラネキサム酸」というのはアミノ酸の一種であり、メラニンの生成を抑制、炎症を抑える作用などがあり、肌荒れやシミ、そばかすを改善し予防する効果、美白効果があります。その中でも特に「肝斑」に効果があるそうです。へぇ~。

じゃあ私のシミにもいいのではないかしら?

日々の基礎化粧品でシミが予防できるなんてお手軽でいいですね。

まとめ

シミにはいろいろな種類があり、中には予防ができないものもありますが、紫外線対策をすることにより、シミの予防ができます。紫外線はお肌の敵ですね。

私のように老人性色素斑、肝斑が気になっている方にはトラネキサム酸は有効。予防にも効果的。

皮膚科に行くのが手っ取り早い方法ではありますが、まずは自宅で簡単に挑戦しやすい「トラネキサム酸」配合の化粧品から試してみるという手もあります。なんといっても予防する効果もありますからね!

思い立った時にすぐ予防を始めれば、後々のお肌にきっと響いてくるのではないでしょうか。